sudoできない状況でもg++を8.3.0にアップデートする

shimahinuko

サーバの個人のhome ~/ でsudoできないけどg++8.3.0を使いたかったときの記録を残しておきます。

USERNAMEはアカウント名です。

mkdir /home/USERNAME/gcc-8.3.0
cd /home/USERNAME/gcc-8.3.0
wget http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/software/gcc/releases/gcc-8.3.0/gcc-8.3.0.tar.gz
tar -zxvf gcc-8.3.0.tar.gz
mv gcc-8.3.0/* .
rmdir gcc-8.3.0
./contrib/download_prerequisites
mkdir build
cd build
../configure --enable-languages=c,c++ --prefix=/home/USERNAME/gcc-8.3.0 --with-local-prefix=/home/USERNAME/gcc-8.3.0 --disable-multilib --disable-bootstrap
make -j4 > /dev/null
make install

installできたら、.bashrcとか.bash_aliasesとかに以下のものを書いて、

PATH="/home/USERNAME/gcc-8.3.0/bin/:$PATH"
LD_RUN_PATH="/home/USERNAME/gcc-8.3.0/lib64/:$LD_RUN_PATH"
CPATH="/home/USERNAME/gcc-8.3.0/includes/:$CPATH"
alias make="make -j$(nproc)"

パスを通しておきましょう。

source ~/.bashrc
source ~/.bash_aliases

バージョンを確認して、思った通りの数字が出れば成功です。

g++ --version

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d bloggers like this: